石鹸を使い過ぎないことでスキンケアをしています

私は元来、乾燥肌の気質で直ぐに肌がかさついて、部位によってはひび割れを起こしてしまうこともありますし、そうでなくてもかゆくなってしまって書いてしまったことが原因で肌荒れが始まるということもあります。

 

そんな時に石鹸やシャンプーを一切使わない人がいるという話を耳にしました。

さすがに私自身はそこまで徹底したものはできていないのですが、洗髪や体を洗う時に石鹸の量を少なめにしたり、あるいは数日に一度は石鹸とシャンプーを使わないで、シャワーを流しながら柔らかいタオルでこするだけ、と言う日を作るようにしました。

 

 

すると、最初はやはり違和感がありましたが、徐々に体が馴染んできて、気にならなくなってきました。
調べたところによると、シャンプーや石鹸では体に必要な油分まで落ちてしまうことがあるのだそうです。
それをさせないことで肌の潤いを保てるらしいのです。

 
また、必要な油分が落ちると体は油分を出そうと働き始めるらしいので、必要な油分を残すようにすることで体から分泌される油分の量を抑えることも出来るそうです。
結果、脂っぽさも以前より無くなって、かさつきも減っているという嬉しい状態に行き着きました。

 

 

この状態になるまでに2か月ほどかかりました。
半信半疑ではありましたが、お金をかけずにスキンケアが出来ている気がして、嬉しくなっています。
今は、3日に一度は石鹸シャンプーを使わないというリズムで継続しています。

 
大人になってからもニキビに悩んでいたのですが、それもおさまっています。

ただ、大人である以上身だしなみとして、臭いや清潔感には気を付けたいと思っているので、あまり固く縛るのではなく、自分の状態に敏感でいることが一番大事かと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ