肌荒れの原因は想像以上に溜まった垢に

特に冬場から春先にかけて気になり不快感も増す乾燥肌。日々保湿の手入れは怠っていない筈なのに、それでもなおいつの間にか肌がカサカサに荒れ、それが全身に広がってくると余計に不快感が増すものです。

 

私もこういった状態が比較的長く続き、その原因が何なのか納得いかない日々が続いていたのですが、私の場合、その原因は入浴とボディウォッシュにあったのです。早い話が肌をいたわりたいという気持ちが強く出過ぎたばかりに洗う強さが足りなくなってしまい、全身の垢を落とし切れず、それが肌荒れに繋がっていたという訳です。

洗顔料

 

ある時肌の痒みやカサカサが我慢出来ず、入浴時に肌を掻いていたところ、意外にも大量の垢がそこから落ちてくるのを発見したのです。そこで身体中を手指でこれでもかと強く擦った結果、これまで考えられない程の大量の垢が取れビックリしたものです。もちろんその後数日はスッキリとした肌状態で過ごせ、垢落としの大切さを知ったのでした。

 

現在は少なくとも1週間に一度は肌に強過ぎない程度の刺激で済む目の細かい軽石を用い、腕の届く範囲の身体の垢は入念に落とす様心掛けています。結構強めに擦る分、その後の肌ケアもオイルやクリームを使い丁寧に行います。

 

またどうしても腕の届かない範囲となる背中や腰裏の部位に関しては、月に一度の楽しみである温泉入浴施設に通い、併設されている垢すりサービスを利用しています。アロマオイルでの仕上げは肌に優しいだけでなくストレス解消にも大変役に立つものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ