顔のむくみをスッキリ解消!!水むくみや老廃物を身体から追い出そう

顔のむくみ「朝起きたら顔がパンパン」、「枕の跡が頬に残りっぱなし」ということはないでしょうか。

 

それらの症状は「むくみ(浮腫)」と呼ばれており、朝のメイクに影響したり、太って見えたりと、特に女性には憂鬱な症状ですよね。

 

むくみとはなんらかの原因で、細胞と細胞の間の水分が普段より増加してしまっている状態で、腫れぼったくなった皮膚を指で押すと、なかなか戻ってこないのが特徴です。

 

特に顔のむくみがおきやすいのは朝目が覚めた時といわれており、これは日中、水分は重力により体の下の方に下がっていくためだそう。

夕方に足がむくみやすいのはこのためなんですね。

そんなむくみ、日常生活のちょっとした対策で解消することができるかも。
ここでは顔のむくみがおきやすい原因から、その解消法、予防策について確認していきましょう。

 

 

原因1.お酒を飲んだ次の日の朝は特にひどくなる傾向が・・・

 

「アルコールを飲んだ次の日の朝は特にむくむ気がする」、という経験はありませんか?

それは、アルコールの血管拡張作用、利尿作用がむくみの原因となっているからです。

血管には、とりこんだ水分を血管の外に送り出す機能があり、拡張すると水分を通しやすいという性質があります。
また、「アルコールを飲むとトイレに行きたくなる」、と感じたことがある方も多いかと思いますが、利尿作用により水分がたくさん排出されることにより、体がさらに水分を欲してしまうことも原因のひとつです。

 

原因2.食事にも注意が必要。塩分のとりすぎには気をつけて!

塩分のとりすぎもまた、むくみの原因となります。

血管の外に水分を送り出すのに関係が深い成分として、「ナトリウム」と「カリウム」があります。

ナトリウムは塩分に含まれているため、過剰に摂取すると、カリウムとのバランスを崩してしまい、体の中に余分な水分をとりこんでしまうのです。

 

原因3.原因が不明のむくみ、思い切って病院に相談も!

アルコールや塩分、水分のとりすぎにこころあたりがないむくみの場合、腎臓、肝臓、心臓、内分泌、リンパなど、いろいろな病気が関係している可能性があります。
むくみがひどい場合や、むくみ以外にも症状がある場合など、気になったときには病院にかかることも検討しましょう。

 

短時間でむくみを解消!ツボ刺激やマッサージをしてみよう

 

朝起きて、顔がむくんでいたら・・・。ちょっとした時間でできる、試してみる価値ありな解消法をご紹介します。

耳ツボ、鎖骨リンパのマッサージ

・耳ツボ

以下の耳ツボを、気持ちいいと感じられるくらいの強さでゆっくり押して離します。
3秒5セットを目安にすると効果的だそう。

耳門(じもん) :耳ともみあげの間あたりある少しくぼんだツボ。触って脈を感じられる場所です。
翳風(えいふう):耳の付け根、首の耳たぶのお向かいあたりにあるツボ。あまり強く押しすぎないことがポイントです。

 

・鎖骨リンパ節

鎖骨の内側のくぼみに指をあて、鎖骨にそって肩側の終点まで優しくなでます。

この時、逆向きにはマッサージしないことが重要です。
左右5回ずつを目安にしてみてください。

リンパマッサージの前に、ストレッチなどの軽い運動をしておくとより効果的です。

 

足湯~温めて血行を促進

ふくらはぎの中ほどまでつかれるバケツなどに、40度前後のお湯をため10分程度足湯することで、血行促進効果がありむくみの解消に役立ちます。

 

温冷タオルで解消

蒸しタオルで3~5分程度、顔全体を包んで温めたあと、冷たいタオルで1分程度冷やします。これを4回程続けて行うことで、血行促進効果を発揮し、むくみの解消に役立ちます。

蒸しタオル

 

 

生活習慣でむくみは予防できる?

むくみの解消法について見てきましたが、できれば朝起きて憂鬱な思いはしたくないですよね。

アルコールが顔のむくみに影響していることはわかりましたが、大人であれば多少のおつきあいはあるもの。
飲んでしまった時に、翌朝むくまない方法はあるのでしょうか。

実は、寝る前に軽い運動をすることで翌朝むくみづらくなると言われています。

飲み過ぎには気をつけて、ストレッチ等の軽い運動をしてから寝てみるのもいいかもしれません。

また、普段から塩分に気をつけた食事をするのも予防対策のひとつです。

アルコールや塩分の多い食事をしてしまった場合には、カリウムを摂取することも効果的なので試してみてください!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ