ニキビをつぶすと悪化する?正しいニキビの対処法と習慣にすべきスキンケア

lm7

思春期だけでなく、大人になってもストレスや生活習慣の乱れからできてしまうニキビ。

「自分で処理したら悪化してしまった」ということはありませんか?

特に直接ニキビにはたらきかける方法として、「つぶす」という処理をおこなっている人は多いかと思います。

ここではニキビをつぶすとどうなるのか、ニキビができる前後のニキビケアについてご紹介していきたいと思います。

 

 

ニキビには種類がある?状態によって変わってくるニキビの特徴

ニキビができたことがある方なら、ニキビの状態が白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、と変化していく様子を見たことがあるかと思います。

ではこのニキビの状態の違いをご存知でしょうか。
<コメド>
「コメド」とは英語で「ニキビ」という意味ですが、日本でいわれるコメドのほとんどは「角栓」を指しています。

コメドは皮脂や汚れが毛穴を塞いだ状態で、「ニキビのもと」ともいわれています。
<白ニキビ>
「白ニキビ」とは、ストレスや生活習慣、ホルモンバランスの乱れ等により過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まった状態のことを言います。

白ニキビの白は、毛穴に詰まった皮脂や老廃物のことを指しています。
<黒ニキビ>
「黒ニキビ」とは、白ニキビと同じように皮脂が毛穴に詰まった状態のことです。

白ニキビとの違いはその皮脂や肌の角質が酸化して黒くなっている、ということです。
<赤ニキビ>
「赤ニキビ」とは、白ニキビや黒ニキビにより毛穴に詰まった皮脂に、アクネ菌が集まって皮膚を刺激し、炎症を起こした状態のことをいいます。
<黄ニキビ>
「黄ニキビ」とは、白ニキビに見た目が似ているかもしれませんが、白っぽく見えている部分は皮脂ではありません。

黄ニキビの白っぽい部分は「膿」「膿疱」等と呼ばれ、血液中の白血球がアクネ菌と戦ってできた白血球の死骸となります。

 

 

炎症が起こる前のニキビはつぶすべき?その影響は?

コメド、白ニキビ、黒ニキビは、まだ肌が炎症を起こしていない段階で、毛穴に皮脂等がたまっただけの状態となります。

この状態を放っておくと、皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖し、赤ニキビへと発展してしまいます。

 

では赤ニキビへと発展しないためにはどうするのがいいのでしょうか。

そのひとつの選択肢として「つぶす」という対策があります。

ただし、ニキビのつぶし方を間違えると、逆にアクネ菌の増殖を招くこととなり、赤ニキビ、黄ニキビへと発展させるリスクがあります。

 

「ニキビをつぶしてはダメ!」という話は耳にしたことがある方も多いかもしれません。

では、なぜニキビをつぶしてはダメなのでしょうか。
以下はニキビをつぶすリスクの一例です。

 

・菌が入りこみやすくなる
皮脂が全て取り除けなかった場合、清潔な環境でない場合等、アクネ菌が増殖しやすい環境をつくってしまう可能性があります。

 

・周辺の肌を傷つける
力の入れすぎ等によって、周辺の肌を傷つけてしまった場合、その刺激により色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

 

・毛穴を破いてしまう
力の入れすぎ等によって、毛穴を破いてしまった場合、肌の表面にクレーターをつくってしまう可能性があります。

 

なるべくこういったリスクを減らすためにも、ニキビをつぶす際に気をつけたいことをまとめてみました。

 

・手で触ることを避けるため、コメドプッシャー等の専用器具を使用する
・つぶす前は、患部、手、専用器具をよく消毒する
・つぶした後(皮脂を取り出した後)は、熱めのお湯で洗顔を行い、患部を消毒して触らないようにする

 

ニキビの予防にもなる、「つぶす」以外の対処法とは?

赤ニキビに進行する前の対処として、自分でニキビをつぶすことで早くニキビが治る場合があります。

ただし、ここまでで見てきたとおり、逆に悪化してしまうリスクもあります。

 

ではつぶす以外に、赤ニキビへと進行させないニキビの対処法はあるのでしょうか。

以下はニキビ予防にもつながる対処法となります。

じっくり治す時間がある方、ニキビを繰り返したくない方は是非試してみましょう。

 

<生活習慣の見直し>
ニキビは皮脂の増加によってできやすくなり、皮脂の増加には生活習慣の乱れが大きく影響しています。
生活習慣の乱れとは、例えば睡眠不足、偏った食事、運動不足や過度なストレス等があげられます。

こういった生活習慣を続けていると、ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌が増加するのです。
生活習慣を見直して皮脂の分泌を抑えるよう気をつけましょう。

<乾燥を避ける>
肌には、乾燥することにより皮脂が多く分泌される働きがあります。

「乾燥」と「過剰な皮脂」は逆の現象のように見えますが、密接に関係していたのですね。
洗顔後は保湿効果の高い化粧水を使用するなど、普段から保湿に気を使ったスキンケアを心がけましょう。

<洗顔の仕方>
ニキビが気になると、つい洗浄力の強い洗顔剤を使用したり、ゴシゴシと強い力で洗顔したりしがちだと思います。

ですが、洗いすぎてしまうことにより肌が乾燥してしまい、結果的に皮脂の分泌が増加してしまう原因となります。
洗顔は1日2回程度、ふんわりとした泡で優しく洗い、ぬるま湯でよくすすぐことをおすすめします。

つぶしてはダメ!ニキビ跡になりやすい赤ニキビ、黄ニキビ

lm8
赤ニキビ、黄ニキビに発展したニキビは、炎症や化膿により皮膚組織がかなりのダメージを受けています。

自己流の処理を行うことで、肌の表面にクレーターができたり、色素沈着が起きたりと、「ニキビ跡」になってしまうリスクが高いのでおすすめできません。
「赤ニキビへの進行は避けたい、でも自分でつぶすのは怖い・・・」「赤ニキビ、黄ニキビになってしまった」という方は、皮膚科を受診して早期治療してもらいましょう。

ただでさえ憂鬱なニキビ、ニキビ跡になって後悔する前に、自分にあった選択をしたいですね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ