肌荒れしやすい人にはマスクはNG!?マスクが及ぼす悪影響

mask

近頃のマスクは風邪や花粉症対策、様々なウイルスに対応可能なマスクが販売されています。素材やサイズ展開も豊富になっていてオシャレ目的に色の種類が選べたりキャラクターが付いたものもあります

そして美容の観点から日焼け防止や、素顔やコンプレックスを隠すための着用も増えマスクの利点も増える一方、悪影響も問題となってきました。

肌荒れとマスクには切っても切り離せない事情があるようです

 

 

マスクをつけているとニキビが出来てしまう原因は?

 

風邪などの一時的な使用ならニキビができるといった肌荒れの心配も少ないとは思いますが、ハウスダストや花粉症のため毎日外出時はもちろん、家の中でも着用していないと…という方もいらっしゃると思います

保湿になるから良いとか外出時にマスクを着用するとホコリや外気から肌を守り刺激を受けにくくする、ということも耳にしたことある方は多いと思います。

 

しかしマスクを外してみるとびっくり!!赤くニキビがポツン…なんて経験をされたことはありませんか?

こういったマスクが原因と考えられるニキビに悩まされている方に、マスクの着用をやめれば肌荒れやニキビが改善しますよとお伝えするのは簡単ですが、みなさんそれぞれ理由があってマスクが必要だと思います。

 

ですからここではマスクの中のばい菌が繁殖する原因をつきとめ、使い方や選び方に焦点を絞り、ばい菌の繁殖を抑える対策をご紹介していきたいと思います。

 

マスクの中は、ばい菌たちのオアシスです

baikinn

マスクをするとニキビができることがあるとお伝えしましたが、まずはその原因を探っていきます。

マスクを着用すると保湿に効果があると美容の情報などで見かけることもありますが、保湿は限度を超えたり環境が悪いとただの蒸れる環境になってしまいます。

そしてその蒸れる環境こそばい菌たちのオアシスなのです

マスクで覆われた顔はアクネ菌が増殖しやすい環境となり、長時間つけっぱなしにすると自分の息や汗でニキビを悪化させたり、新たにニキビができやすい環境を作ってしまうことになります。

そんなばい菌の繁殖を抑えるためしっかり対策をしましょう

 

まず着用前にはしっかりと洗顔をして皮脂を落としておくことが大切になります。

朝学校や会社に行くときにつけたままにすると、帰宅するころには汗や皮脂でばい菌たちは大喜びで増殖しているでしょう。

そして美容のためにはしっかりとスキンケアをして、マスク着用による摩擦からくる肌荒れの対策も必要だと言えます。ウイルスやホコリから守ってもマスクの中でばい菌を繁殖させていたのでは意味がありませんので、マスクの中の様子にも気を配ることを忘れないようにしましょう

 

それではどんな点に気を付けてマスクを使うとよいのか少しご紹介していきます。

 

 

マスクを使う場合は、ココに気をつけよう

 

まずマスクと上手に付き合うにはマスクの正しいつけ方が大切です。

締め付けすぎず、ゆるすぎない自分に合ったサイズのものを選びましょう。それから1日中つけっぱなしではなく最低でも一日に2~3回以上交換することをおすすめします

 

素材については不織布がいいという意見と、綿が良いという意見の両方がありますがこちらについては、ご本人の肌に合ったものを使用するとよいでしょう。

 

不織布の場合、お肌が過敏になっている花粉症のかたや、ニキビや乾燥肌など刺激を受けやすい方には肌荒れの原因となりますのであまりおすすめできません。

しかし通気性の良さという点ではばい菌の繁殖を減らすことができるでしょう。

また綿のマスクよりフィット感がありウイルスやホコリの侵入を妨げる効果は高いと言われています。

 

そして綿のマスクは不織布に比べると通気性はあまりなく蒸れてしまいますが、肌への刺激は最小限に抑えられて良いと思います。

また洗って繰り返し使えるので経済的ですし、使い捨てのマスクのにおいなどが気なる方にはお気に入りのアロマオイルなどを洗濯の際混ぜてみたり、スプレーして香りを楽しむこともおすすめします。

 

みなさんがマスクによる肌荒れを気にせず、毎日快適にマスクを使っていただけることを願っています

サブコンテンツ

このページの先頭へ