ニキビが出来やすい原因は、クレンジングと洗顔を間違っていたから?

 

ニキビが出来やすい人には、オイルクレンジングはNG?!

sekkenn

 

たとえニキビができていても、避けて通れないのが毎日のメイクです。

メイクの力は絶大なので、肌荒れしていても、いや肌荒れしているからこそメイクをするという方も多いのではないでしょうか。

そんなメイクを落とすクレンジングにも、ニキビを悪化させる落とし穴が潜んでいます

 

ジェル、ミルク、クリーム、シート。様々なタイプのクレンジングがありますが、中でも洗浄力が最も強いのがオイルクレンジングです
油汚れであるメイクは同じ油で浮かせて落とすのが効果的ですが、オイルクレンジングは洗浄力が強いあまりに、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

皮脂の落としすぎは肌の乾燥を招き、皮脂の過剰分泌の原因となるので、ニキビ肌の人は特に注意が必要です。

また、オイルクレンジングは水で洗い流せるようにするために、界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤が皮膚にダメージを与え、肌のバリア機能を損なう可能性があります。

外からの刺激に無防備になると、雑菌が繁殖しやすくなったり、ヒリヒリとした赤みが出たりと、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです
さらに、オイルクレンジングの中にはクレンジング後に洗顔をするW洗顔をすすめるものがあります。

クレンジングで油性の汚れを落とし、水性の汚れを洗顔で落とすための手順ですが、もともとクレンジングの洗浄力が高いため、マッサージするように時間をかけてクレンジングしたり、力を入れてゴシゴシ洗顔してしまうと、洗いすぎによる乾燥が起こる恐れがあります。

濃いメイクをしたときなどに頼りになるオイルクレンジングですが、ニキビで肌が敏感になっているときの使用は注意が必要のようです

 

油分の落とし過ぎで乾燥?肌が皮脂を分泌するメカニズム

 ニキビ=オイリー肌。こんなイメージが頭に浮かんで、皮脂を落とそうとついついゴシゴシと顔を洗ってはいませんか? 

実はそんな洗いすぎの習慣が、皮脂の過剰分泌を招く原因かもしれません。

私たちの肌には本来バリア機能が備わっており、外部からの刺激や雑菌などから皮膚を守っています。

この大切な役割を担うのは厚さわずかラップ1枚分の角質層と、角質層の上で皮膚表面を覆う皮脂膜です。

角質層の中では、保湿成分である天然保湿因子(NMF)と細胞間脂質が水分をたくわえて保持しています。

皮脂膜はそのうるおいが蒸発しないよう、弱酸性の油分でフタの役割をしているのです。

1日に何度も洗顔をしたり、洗浄力が強い洗顔料やクレンジングを使うと、汚れだけでなく天然保湿因子や細胞間脂質内のセラミドなどうるおい成分まで洗い流してしまいます。

水分がなくなった角質層はボロボロになり、バリア機能が低下し乾燥肌になります。

肌は失った水分を補うために皮脂の分泌を促し、結果今まで以上のオイリー肌に近づいてしまうのです。

また、乾燥が進むと角質が厚くなり、毛穴がつまりやすくなるためニキビが増えることにもつながります。

ニキビを改善しようとこまめに行った洗顔が、さらなるニキビの原因になるなんてショックですね

くれぐれも洗いすぎには注意するようにしましょう

 

ニキビケアに効果的な洗顔料、化粧品の選び方・使い方

drop

 

ニキビ肌の洗顔で大切なのは、「きちんと汚れを落とすこと」、そして「うるおいは残すこと」です。

余分な皮脂やホコリが残っていると、毛穴につまり、ニキビのもとになりますし、かといって洗浄力が強い洗顔料では皮脂を取りすぎて肌が乾燥してしまいます。

ニキビ肌におすすめなのは洗顔石鹸です。

合成界面活性剤が入っていないので肌への刺激が少なく、皮脂をとりすぎる恐れも少ないです。

フォームタイプの洗顔料は合成界面活性剤配合のものが多く、さらには洗い上がりのしっとり感を出すために油が配合されているものがあり、それが油膜として肌に残ると化粧水や美容液の浸透を妨げる可能性があります。

すべての洗顔フォームが危険というわけではありませんが、ニキビ肌には負担が強いと言えるでしょう。

また、汚れ落ちとうるおいを両立するためには、きめ細かいたっぷりの泡での洗顔が重要です。直接肌に指先が当たらないよう、泡をクッションにして優しく洗いましょう。

洗顔石鹸は泡立てにくいのが弱点ですが、市販の泡立てネットを使うなどすると時間短縮になります。

ニキビ肌に使用する化粧品は刺激が少ないのはもとより、肌が炎症を起こしている赤ニキビには抗炎症成分入りの化粧品がおすすめです。

代表的なものでは「グリチルリチン酸2K」や「グリチルレチン酸ステアリル」、美白効果や皮脂分泌をコントロールする働きもある「ビタミンC誘導体」や、ダマスクローズティートゥリーなどの「植物エキス」です

ドラッグストアやコスメカウンターで化粧品を選ぶ際は、化粧品裏側の成分表もあわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ