あごニキビが出来る原因はホルモンバランスの乱れ?大人のスキンケアとは

あごニキビとホルモンの関係性

nikibi

 

おでこや頬、鼻など、顔中いたるところにできるやっかいなニキビ。実はニキビができる場所によって原因が異なるのはご存じでしょうか

あごにできるニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れと言われています。

女性は40日周期で生理を繰り返しますが、生理周期後半は女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが増加します。

黄体ホルモンは皮脂の分泌が盛んにする働きがあるので、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビを引き起こしてしまうのです。

さらに女性ホルモンだけでなく、実は男性ホルモンもまた、ニキビができる原因になります。

睡眠不足や生活習慣の変化、精神疲労によりストレスを感じると、体はそれに対抗するため緊張状態となり、自律神経のうち緊張をつかさどる交感神経が優位になります。すると、交感神経は男性ホルモンの分泌を促す作用があるため、皮脂が過剰に増えてしまうのです。

また、男性ホルモンは角質を厚くする働きもあるので、ストレスにさらされる生活を長く続けると、ニキビの悪化を招くこともあります。

女性ホルモン、男性ホルモンともに、私たちが生きていく上で無くてはならないものですが、そのバランスが崩れてしまうとつらいニキビの原因となる場合があります。

規則正しい生活や、気分転換に運動をするなど、ストレスをためないよう心がけたいものです。

 皮脂腺が多いフェイスラインは、雑菌が棲みやすい最適の場所だった!

フェイスラインは皮脂を分泌する皮脂腺が多い部分です。また、毛穴が小さく皮脂が詰まりやすいため詰まった皮脂に雑菌が繁殖しやすくなります。ご存じのように皮脂はニキビの原因菌であるアクネ菌の大好物なので、ニキビが治ってはまたできるといった状態が繰り返しやすい場所と言えるでしょう。

また、頬杖をつく、あごに触る、など、クセでひんぱんにフェイスラインに触れている方も多いと思います。人間の手は想像以上に雑菌で汚れています。どんなにきちんと洗顔をしても、手のひらや指先の雑菌がフェイスラインについてしまうと、豊富な皮脂をエサに雑菌が増加することになります。ふとしたときに顔を触っていないか、自身の行動を振り返り、もしそういったクセがあると気づいたら意識してやめる努力が大切かもしれません。

風邪や花粉症、また最近ではすっぴんでも外出ができるという理由で、使う人が多くなっているマスクも注意が必要です。

マスクをしていると息で蒸れたり、熱がこもったりするのはよくあると思います。マスクの中は高温多湿に汗、皮脂腺から分泌される皮脂で、まさに雑菌が繁殖しやすい環境が整っているのです。マスクによる摩擦で皮膚がダメージを受ければ、肌トラブルが起きる確率はさらに上がるでしょう。

人によっては同じマスクを1日以上使用することもあるようですが、もったいないからと長時間使わない、エアーマスクを使用するなどの対策をしてみてはいかがでしょうか。

 部屋が汚れていると、ニキビもできやすくなる?

clean
あなたは掃除や整理整頓が好きですか?

「嫌い」「苦手」と答えた人は、ニキビができる原因はあなたの部屋にあるかもしれません

『汚部屋女子』という言葉がテレビや雑誌で取りざたされるようになってしばらく経ちますが、片付けられない掃除が苦手な女性は、肌トラブルを抱えることが多いようです。

掃除されていない部屋は、空気中にたくさんのハウスダスト(埃、塵、ダニの死骸、フケなど)が舞っています

そんな中で生活をしていれば、皮膚の上で皮脂とハウスダストが混ざり、毛穴が詰まってしまいます。

詰まった毛穴の中は雑菌の温床となるのでニキビができやすくなるのです。また、ハウスダストは肌を刺激しアレルギーを引き起こすことがあります。

肌のバリア機能が低下し吹き出物やかゆみの原因になるのです。

スキンケアや食習慣に気をつけているのにニキビが繰り返しできたり、肌荒れが治まらないときは、部屋が汚れていないか考えてみるとよいでしょう。
ハウスダストを除去するにはこまめに掃除をする習慣を身につけるのが一番です。

まずは掃除がしやすい部屋にするため、必要のない物を思い切って捨ててしまいましょう。

いつか使うかも、と思う気持ちはわかりますが、いつか使うと保管しているものは大抵使わないままになることが多いです。

美肌のためにもすっきりさせてしまいましょう。

掃除は舞い上がった埃が寝ている間に床に落ちるため、朝が最適です。

棚の上やテーブルの上など、高い位置から順番に行い、最後に床に掃除機をかけます

。寝具の掃除も忘れてはいけません。シーツや枕カバーは寝ている間に汗がつくので定期的に外して洗濯するとよいですね。汚れたまま放置すると雑菌が増殖し、それが原因でニキビや肌荒れが起きてしまいます

日々忙しく過ごしていると、ついつい掃除を後回しにする方もいますが、きれいな肌はきれいな部屋から生まれます。掃除習慣を身につけて、ニキビのない肌を目指してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ