食生活を改善して、ニキビを無くす方法

ニキビを防ぐために必要な栄養素とは

yoglt

洗顔や保湿など、外からのケアも大切ですが、毎日の食事による体の内側からのケアもニキビ予防にはとても重要です。ここでは美肌に効く栄養素をご紹介しましょう

ビタミンB群……ニキビに効果が期待されるのはなんといってもビタミンB群です。

ビタミンB2は脂質代謝を調整して皮脂の過剰分泌を防ぐ作用があるため、ニキビの根本原因を改善することができるでしょう。B6は新陳代謝を促進し新しい肌を作る効果があります。ニキビ痕を早く治すためにも積極的に取りたい栄養素です。

ビタミンB2が含まれる食材には、卵、納豆、ヨーグルト、ウナギ、レバー。ビタミンB6は、にんにく、マグロ、ゴマ、鶏肉、牛肉などがあります。

ビタミンA……肌のターンオーバーの周期を整え、ニキビを治癒しやすくします。また、免疫力を高めることで健康な肌を保ちます。ほうれん草、春菊、海苔、ウナギ、レバーなどに含まれています。

ビタミンC……メラニン色素の合成を抑え、色素沈着を防ぐ美白効果があります。

コラーゲンの生成を助けるので、クレーター状になったニキビ痕の改善にもよいとされています。ビタミンCを豊富に含むのは、パプリカ、芽キャベツ、水菜、ブロッコリー、レモンなどです。特にパプリカに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいのでおすすめです。

ビタミンE……別名美肌ビタミンとも呼ばれ、女性ホルモンの増加を促し、ニキビを出来にくくしてくれます。抗酸化作用も高く、肌を老化させる活性酸素を除去する効果があります。アーモンド、レバー、いくら、すじこ、しそなどに多く含まれています。

医食同源という言葉もあるように、私たちの体は毎日の食事で作られます。美肌効果の高い栄養素を積極的に取り入れて、つるすべ肌を目指しましょう。

・生野菜をたくさん食べましょう!の落とし穴。腸が冷えると免疫も落ちる

breakfast

健康やダイエットのために、生野菜サラダだけで食事を終わらせるという人もいるのではないでしょうか

生野菜は熱に弱いビタミンやデトックス効果があるといわれる酵素を効率よく摂取でき、体に良いイメージがありますが、食べすぎると思わぬ不調を招く恐れがあります。

トマトやきゅうり、レタスなどの夏野菜は体を冷やす効果があります。

特に冷蔵庫から出したばかりの場合はさらに効果が高まります。生野菜で内臓が冷えると、腸のぜんどう運動が弱まり、排泄物が長く腸内にとどまることになります。すると腸内細菌のうち悪玉菌が繁殖し、免疫力を下げてしまうのです

また、冷えで体温が下がると免疫細胞の活動が低下し、体内に侵入したウィルスや病原菌を退治できなくなってしまいます。一般的に、免疫細胞が正常に働く体温は36,5℃程度と言われており、体温が1℃下がると免疫力は30%低下します。1℃上がると、一時的に免疫力は5~6倍になるので、体をあたためることがいかに重要かわかりますね。

免疫力低下は肌荒れやニキビのもと。生野菜を食べるときはくれぐれも食べすぎに注意し、温野菜といっしょに取るか、常温に戻してから食べるようにしましょう

・胃腸の免疫改善をすると、肌荒れが治る

私たちの体を病気から守る免疫細胞。その7割が腸で作られているのはご存知でしょうか。免疫細胞の働きが活発であれば、ニキビの原因菌の増殖が抑えられ、ニキビができにくくなります。免疫力を高く保つのが美肌に近づくカギと言えるでしょう

免疫力をアップさせるには腸内環境を整え、腸内細菌の種類と数を増やすことが重要です。ヨーグルトや味噌、漬け物などの発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸の善玉菌を増やしてくれます。乳酸菌の種類はそれぞれ異なるので、例えばヨーグルトだけを食べ続けるのではなく、いくつかの発酵食品を組み合わせて取ると良いでしょう

食物繊維は消化酵素で消化されずに腸まで届き、腸内細菌のエサとなります。水溶性と不溶性の二種類があり、1対2の割合でとるのが理想と言われています。水溶性で代表的な食材はアボカド、オクラ、納豆、海藻など。不溶性は、いんげん豆、小豆、エリンギ、切り干し大根などです。

免疫細胞の7割は腸で作られますが、残り3割は心(=自律神経)で作られると言われています。ストレスがたまると風邪を引きやすくなったり、肌荒れしたりするのは免疫力が弱っているせいなのです。ストレスをためないためには、リラックスする休息時間を作り、「よく笑うこと」が一番です。笑いはストレスを減らし、免疫細胞を増加させます。

腸内環境は免疫力を担う要です。肌荒れを治すには体の外側からのケアだけでなく、内側の改善も大切なようですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ