頭皮ニキビは皮脂が原因?治療法と予防策

 

頭皮にできるニキビは自分では見えない場所に違和感やかゆみなどが出て、鏡を使ってみたり、家族に見てもらったりと苦労しますね。

 

気づかずに洗髪の際や髪をとかした時に潰してしまい、痛ーい!経験があるのではないでしょうか?

頭皮ニキビについてくわしく調べて治療法や予防策を知りましょう。

痛い!!頭皮ニキビができてしまう原因は?

amenity

頭皮ニキビの原因の多くは皮脂が毛穴に詰まってしまう毛穴詰まりや、傷ついた毛穴にアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまうことが主な原因とされています。

頭皮といってもフェイスラインの延長、皮膚一枚で繋がっています。

 

しかし毛髪があり、頭皮は毛穴が多く1つ1つが大きいです。毛髪に隠れていますが、毛穴からの皮脂の分泌も多いです。そのぶんトラブルも起こりやすいのです。

皮脂は食生活やストレスなどが原因で皮脂量が増えたり、ホルモンバランスの崩れでもニキビが出来やすくなります。

また、潰した際に痛みが強いのは、毛穴が大きい分ニキビも大きくできてしまい、皮下脂肪が少ないため痛覚が伝わりやすいためです。

以上を見ても皮脂と頭皮環境が重要なカギといえます

 

原因をつきとめたら効果的な治療法と対策を知ろう!

shower

普段から洗髪する際にはよく地肌をマッサージするように皮脂を落とすようにしましょう。

整髪料を使う方も多いかと思いますが、髪の毛ばかりに気をとられがちになってしまわないようにしましょう。

皮脂を増やさないためにビタミンBやCを含む食品を多く摂る習慣を心がけてみましょう。

ビタミン類は皮脂の分泌を抑える働きがありニキビの予防に良いとされています。

ふだん帽子などかぶることが多い場合はムレや汗をかきやすく、頭皮の状態を悪くしやすいので注意してください。ムレがかゆみの原因になり無意識にかいてしまうことで傷つけてしまうからです。頭皮ニキビが出来てしまったときには帽子は控えたほうがよさそうです

1度できてしまうとたびたび同じ場所にできることも多いという声をよく聞きます。

つい気になって触ってしまったりかゆみで掻いてしまうことがあるからです。炎症が悪化してしまうので気をつけましょう。毛穴ダメージによりその後毛髪が生えてこないこともあります。

 

頭皮環境を清潔な状態に保つとお顔のトラブルも減るんです。

美容師さんにヘッドスパを進められたことがあります。リフトアップもできて、顔のしわ予防になりますと言われました。やはり同じ皮膚の延長の頭皮だから頷けますね。

血行を良くするためにマッサージをしてみることも良さそうです

清潔に保つのはあたりまえですが、シャンプーを自分の頭皮の状態に合わせ使い分けしてみるのも、頭皮ニキビの予防になります。

また洗髪後のドライヤーも注意が必要です。なぜなら髪を完全に乾かすと頭皮にとってはかなりの熱風があたり乾燥させてしまうことがからです。

乾燥することでさらに皮脂量を増やしてしまいニキビのできやすい頭皮環境になります。

お顔はさまざまなスキンケアー方法がありますが、頭皮は毛髪がありなかなかお手入れするのもむずかしいかと思いますが、頭皮ケアーの商品も少しずつ増えてきています。

皮脂の分泌をおさえるものや保湿成分が含まれている商品を使ってみるのもいいでしょう。

なによりも頭皮を清潔に保つこと、これが一番大切だといえます。
分泌された皮脂や汗、整髪料を使っている方はその成分である油分などを落とし、一日の終わりに頭皮を自然の状態にリセットしてあげることです。

頭皮ニキビ予防で肌も良い状態になるということが、お解かりいただけたと思います。

日頃からのケアーで効果は出ますので是非参考にしてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ