クレンジングを変えたらニキビが減った!!

毎日のお肌のスキンケアはみなさんいろいろ試されていることと思います。

誰もがお気に入りや定番の商品を持っていますよね。

しかし肌年齢も毎年とっていくわけで、定番の物が合わなくなった、物足りないなんてこともあります。

それって使い続けるの?ニキビケアの悪化の原因になっているかもしれません

 

クレンジングを洗浄力で比べてみました。

which

お使いのクレンジングはリキット、それともオイルクレンジングですか?

さまざまなタイプのクレンジングが出ていますが、それぞれの特徴をまとめました。

クレンジング剤には洗浄力の強い界面活性剤という成分が入っていることがあります。この成分が肌負担を増すこともあるとされています。

シートタイプ

クレンジングをシートに含ませておりメイクをふき取って使用するためメイクオフする洗浄力、肌負担とも一番あります。界面活性剤が多く含まれていることでメイクを落とす力が強いとされています。

肌を刺激や摩擦により痛めやすく、落とした後クレンジングがそのまま残ってしまい角質層をいためトラブル肌の原因になっていることもあります。

オイルクレンジング

オイルをなじませてメイクした肌に乳化させてオフします。その後コットンなどでふき取りしたり、洗い流したりします。

油分をたくさん含むメイクを同じ油分で落とすので洗浄力は上位です。オイルが肌残りして皮脂のバランスがくずれやすくなったり、肌負担も落とし方によってあります。

リキット、ジェルタイプ

乳液状のクレンジングをオイルタイプと同じように乳化させて使います。オイルの含有量にもよりますが、肌になじませることでメイクを浮き上がらせる、ジェルには界面活性剤も多少含みます。

いずれも洗浄力は若干落ちてアイメークなどは落としきれていないこともあります。強くこすりがちになり、摩擦による肌負担が増すこともあります。

クリームタイプ

コールドクリームとも呼ばれマッサージに使用していることもあります。洗浄力は他のタイプで最も低いですが、その分肌に優しく感じます。肌の負担もよほどの摩擦がない限り少ないといえます。

クリームの特徴ゆえ、べたついたり落とし方により肌に残ってしまいます。

 

乾燥するのにべたつく、皮脂の落としすぎはNGでした

夏ともなるとエアコンの効いた室内で肌が乾燥するのを感じるという声をよくききます。

一方乾燥しているはずの肌が皮脂でメイク浮きするということもあります。

それって何故洗顔による皮脂の落としすぎが原因の一つとも考えられます。

皮脂は肌をカバーし外からの刺激から守る役目をしていますね。クレンジングによって特性がいろいろあるのはお伝えしましたが皮脂をバランスよく残したいし、メイクもすっきり落としたいと両方とも思うのではないですか?

落としすぎということはクレンジング選びが重要ですし、乾燥させない肌にするためには保湿が重要です。洗顔後の保湿でキープしながら皮脂でカバーしていくのです

皮脂ばかり気にして洗顔やクレンジングしていると乾燥がすすんでしまい、ますます皮脂量を増やそうと肌の内側では活発な働きをしてしまう悪循環です。

 

 正しい洗顔方法、シャワーで流すのは禁止

senngann

洗顔するときどんなことに気を使いますか?さっぱりしたいので冷水で洗いたい、毛穴が引き締まるから。それって本当に良いのかな?

洗顔料、クレンジングともに油分が含まれているために低めのお湯で洗い流しましょう。油分が冷水によって固まって結果落としきれず毛穴に詰まるとニキビや肌荒れの原因をつくることになります。

入浴中の洗顔はシャワーを使っていると思いますが気をつけることがあります。

シャワーの水圧は強すぎるとたるみの原因や毛穴に落とした油分を残すこともあります。

また身体を流しての適温と顔の肌にとっての適温には差があります。水圧がかかるシャワーを顔にはあてるのはやめましょう。

洗顔料はよく泡立て肌にのせてやさしく指先でマッサージするよう、洗面ボールにぬるめのお湯をためてすすぐのがおすすめです。

今日から実践してみましょう!お肌の調子も変わってくると実感します

サブコンテンツ

このページの先頭へ