自分の負担にならない範囲でのスキンケア

スキンケアの基本は、毎日洗顔して肌を清潔に保つ事です。力を入れて肌を擦らないように、洗顔料を細かく泡立てて泡で毛穴の汚れを落とすように「泡洗顔」をしています。

 

そして私は乾燥肌なので「保湿」をしっかりとするように意識しています。洗顔後に水気を完全に拭き取らずに化粧水を塗ります。塗る順番は「ほうれい線」や「目の下」「頬」など特に乾燥が気になる場所からです。化粧水を顔全体に塗ったら手で押さえ「手のぬくもり」で化粧水が肌に入り込むのをゆっくり待ちます。同じように美容液や乳液も一つずつ丁寧に肌に時間をかけて浸透させるように毎日スキンケアをしています。

 

また肌の状態に応じて「家庭用美顔器」や「導入美容液」「シートマスク」を使う事もあります。その他、歳を重ねると「まぶたの痩せ・くぼみ」によって老けた印象になってしまうので、「アイクリーム」を塗ってまぶたが痩せないようにケアしています。最後に手にわずかに残った化粧水やクリーム類を耳の下から首のリンパの流れに沿って鎖骨に流して終了します。

 

生活面では睡眠時間をしっかり取り、バランスの良い食事をするように心がけています。

baby

特に良質な「たんぱく質」を摂るよう、オメガ3脂肪酸を意識して「青魚やナッツ類」をよく食べるようにしています

そしてビタミン類は「ビタミンC」と「ビタミンB群」のサプリメントを飲むようにしています。この2つのビタミンは紫外線対策と美肌対策の為です。水溶性のビタミンなので摂りすぎても体外に排出されるので安心です。

 

このように色々と意識しているようですが、実は普段家にいる時はクレンジングが面倒な為「日焼け止めクリーム」を塗っておりません。でもゴミ出しや洗濯干しの際は帽子を被るようにしたり、窓に目隠しを兼ねてUVカットフィルムを貼ったりと自分に負担にならない範囲で日焼け対策を実践しております

サブコンテンツ

このページの先頭へ