ニキビ改善によい食事とは

ニキビを治すためには洗顔で清潔にすることと化粧品でのケアが大切ですが、体の内側の問題でニキビができることもあるため、食事の見直しも必要です。何をやっても解決しない場合は、食事を見直すだけでニキビが改善するケースもあります。

 

ケーキやチョコレートなど甘いもの、揚げ物や肉類など油っぽいものばかり食べていませんか

 

甘いものや油っぽいものの食べ過ぎは、皮脂分泌を促して毛穴をつまらせニキビの原因となります

ケーキやチョコレートなど洋菓子は糖分と脂肪分が多いのでニキビを作りやすい食べものです。

salad

皮脂分泌を抑制するのがビタミンB2とビタミンB6です。ビタミンB2はうなぎやレバーに多く、ビタミンB6はカツオやマグロに多く含まれています。肌の生まれ変わりを整える働きもあり、ニキビの治りをよくします

 

ビタミンCは美容によい成分としてよく知られていますが、ニキビにもよい栄養素です。皮脂分泌をコントロールしてたり、炎症を鎮めてニキビ跡の色素沈着を予防します。還元力がありメラニンを薄くするので、できてしまったニキビ跡にも効果が期待できます。コラーゲンの生成を助ける働きもあります

 

ビタミンB群やビタミンCは水溶性のビタミンで一度にたくさん摂っても排泄されてしまうため、こまめに摂ることがおすすめです。朝にスムージー、おやつに果物といったように食べるとよいでしょう

 

食事からの摂取が難しい場合はサプリメントの利用を考えてもよいでしょう。サプリメントも1日何度かに分けて摂るとよいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ