ニキビケアをするにあたって大切なこと

ニキビケアをするにあたって大切なことは、第一に肌の乾燥を防ぐことです。

dryflower

乾燥することで皮脂が十分に分泌されず、皮脂膜が形成されないため少しの汚れで毛穴がつまってしまい炎症を起こしてしまいます

 

乾燥を防ぐには洗顔後やお風呂上がりなどに水分が蒸発して乾燥してしまわないように化粧液や乳液で保湿することが大切です。洗顔後の化粧液、乳液をつけるのは乾燥を防ぐ良い対策ですが、洗顔方法そのものに問題がある場合もあります

 

適切な洗顔方法は、最初に手をハンドソープや石鹸で清潔にして、次にぬるま湯で顔を洗い流します。ぬるま湯で顔を洗い流すことで毛穴が広がるため汚れが落ちやすくなります。そして、洗顔料を手で泡立てて直接手が触れないようにゆっくりと顔全体に泡を行き渡らせます。

 

顔を泡で覆ったら再度、ぬるま湯で泡を洗い流し、最後に冷水で毛穴を引き締めると毛穴のつまりは改善されます。次に、ニキビ対策として生活習慣を見直すことが大切です

 

糖分や脂肪分のある食べ物や飲み物を飲食することで皮脂の分泌量が増加するため、日頃から脂ものや、甘いものを好き好んで食べる方は一度控えることが大切です

 

ニキビを抑制するためには、一日の食生活から改善することが必要で、ニキビを抑制する働きのある成分にビタミンがあります。ビタミンは卵や魚、大豆等の高タンパク質の食材に含まれているので、レシピの中に取り入れることでニキビの改善を見込むことができるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ