沢山ある治し方を一度に実行することで少しでもケアできます

不規則な生活が続いていたり、脂っこいものを食べたあとなどに増えることが多いです。お風呂上りの肌のケアを怠ったときもできやすいです。

 

今まで試したもので実際に聞いたのは、皮膚科で処方されたアルコール入りの薬です。液体状で麺棒でニキビに塗ると、効き目がありました。次の日には半分くらい引きました。また市販の、テレビCMでもよく見るニキビ洗顔料は、自分には合いませんでした。

 

脂肌に良くないからと、基礎化粧品を塗らないのは、余計に肌が脂を出そうと頑張ってしまいます。

 

保湿の乳液を少量塗ると予防ができます。洗顔は、泡を沢山たてて、手がなるべく顔に触れないように洗います。手でこすると、にきび跡の原因にもなります。

 

手のばい菌も、ニキビの大きな原因になるので、気になるからと触らないことです。食事では、脂を含む肉、魚はニキビが多いときは控え、野菜、きのこを中心に食べ続けたら、数日で治りました。ヨーグルトも効果がありました。

 

また、チョコはにきびの原因かははっきり解明されていないですが、経験上、チョコを食べると確かに増えました。好きなお菓子ですが、治したいときは我慢です。大人の、あご中心にできるニキビは治しやすいです。

 

ですが、若いときのおでこを中心に広がっていたニキビは、上記の薬で引きましたが、完全になくすことは難しかったです。青春時代は、ニキビと格闘していた時期でもあります。新陳代謝も活発なときで汗もよく掻いていたので、こまめに清潔なタオルで拭いていました。また、できやすい時期、あまり出ない時期がありました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ