脂性肌の私のニキビケアについて

肌は全体的に脂っぽく、日中もお昼頃になると顔のテカリが気になって来ます。乾燥はあまり感じたことが無いため、自分は脂性肌なのだと思っています。

 

脂性肌は皮脂が毛穴に詰まりやすく、その結果ニキビが出来やすいため、実際に私も気を抜くとすぐにニキビが出来ている…ということがよくあります。

 

ニキビの原因になっている皮脂を少しでも減らしたいと考える

 

毎日のスキンケアの中にニキビ対策として蒸しタオルを取り入れてみることにしました。

 

毛穴に詰まった皮脂を取り除くためには、毛穴を十分に開く必要があります。水に濡らしたタオルを緩めに絞り、電子レンジで30秒程温めた後に温度調節をしながら顔に乗せて数分そのまま蒸らします。毛穴が開いた状態になっているので、その後はすぐに洗顔を行います。

 

水では折角開いた毛穴が締まってしまうので、温めのお湯で洗顔をして毛穴の皮脂や汚れを速やかに落とします。洗顔後は化粧水や乳液といった普段のスキンケアをして終了です。

 

蒸しタオルで毛穴を開かせて洗顔をする方法を続けた結果、ニキビが出来にくくなったと感じるようになりました。ただ皮脂が気になるからと言って、洗顔を念入りに行い過ぎないようにしたり、日中の顔のテカリをあぶらとり紙で取り過ぎないように注意しました。皮脂の取り過ぎは逆に皮脂の過剰分泌に繋がるからです。

 

脂性肌であることを変えることはなかなか出来ませんが、自分の肌質を把握することで効果的なニキビケアを行うことが出来るので、これからもニキビの元となっている皮脂をコントロールするために蒸しタオルでのケアを続けて行こうと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ