洗い過ぎない事で乾燥肌対策

乾燥肌の主な原因は、加齢による皮脂分泌量の低下や日焼け、睡眠不足、ストレス、加齢による天然保温因子量の低下、角質細胞間脂質などの減少による角質の水分含量低下などがあげられると思います。
乾燥肌と関係が深いとされる皮脂量は年齢とともに低下します。女性では、20歳から低下すると言われています。また、男性では、30歳から低下すると言われています。皮脂腺は体の部位によって違いがあります。目のまわり、口元は皮脂腺が少なく、乾燥しやすい箇所になっています。
皮膚が乾燥していると、皮膚の表面に潤いがなく、柔軟性もないので、もろくカサついた肌になります。その皮膚の状態で放置しておくと、痒みが出てきたり、症状が悪化する場合があるので早目の対策が必要です。
対策方法としまして、間違ったスキンケアの方法を正す事から始めていけば良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ