シンプルな純石鹸で洗顔

石鹸洗顔についてお話しさせていただきます。
テレビCMで見かける化粧品をラインナップで使用していました。ブランドに惹かれるのもありましたし、テレビに出てるから有名=安心という考えがあったのかもしれません。

 

妊娠を機に安全・安心という言葉に敏感になり、身体につけるもののほとんどを石鹸に変えました。シャンプーから化粧品、歯磨き粉まで。化粧品は石鹸で落とせるという以外に天然成分由来の物に変えました。もう10年以上石鹸生活を続けています。

 
石鹸で落とせる化粧品だから肌に良い、安心という訳ではありません。大事なのは、肌についた物をキッチリ落とすという事です。化粧品はもちろん汚れや皮脂もです。なのでお化粧を落とす時にも、お化粧をしていない日でも、洗顔は丁寧にしています。

 

洗顔する時に一番気をつけているのは、石鹸の泡立てです。無添加の純石鹸を使っているのですが、泡立てには時間をかけています。泡立てネットを使うと泡立ちが早いのですが、泡のキメが粗いので私は使いません。

 

石鹸を両手でクルクル回して水溶き石鹸(?)を作ります。そこから出来るだけ細かい泡を作る為に手をこするんですが、夢中になりすぎて息をとめているくらいです。

 

泡の中に更に空気を押し込むようにします。ゴルフボールほどの大きさで、見た目は生クリーム、手の平をひっくり返しても泡が落ちない(形が変形しない)位のしっかりした泡を作ります。慣れないうちは時間がかかりましたが、今ではちゃっちゃと出来ます。

 

キメの細かい泡が出来たら泡を肌の上で転がす、優しい力で押し付ける感じで洗います。そして洗った時間の倍の時間をかけてすすぐようにしています。

 
ここまでしっかり洗顔すると、肌は汚れも脂も潤いも全てもっていかれた感じになります(笑)。全部落として素肌になったところで化粧水を十分につけて保湿用にクリームをつける。これが私のスキンケアです。

 

化粧水もクリームも天然成分由来の物ですが高級な物ではなく、思い切って使える値段の物にしています。たくさんのアイテムを使うよりも必要最低限の物で丁寧にしっかりとケアすることが大切だと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ