乾燥肌を癒す身近な存在。かゆみとはさよなら

乾燥肌は人間にとって、永遠のテーマかもしれません。乾燥する

ことによるかゆみを感じる人が多く、それが進行するとアトピー性

皮膚炎にまで発展することがあるからです。ストレスを多く抱えた

現代人は、この乾燥肌に対する防御の方法が弱く更に悪化させる

という悪循環の中にいると思います。

 

冷静に原因を究明

の中から解き放たれたいものです。スキンケアは容易なことではないと

乾燥肌によるかゆみで、皮膚科を受診する人も多いように思います。

皮膚科で必ず処方されるのが、ステロイド軟膏です。一時的に乾燥も

かゆみも改善したかのように思えますが、ステロイド軟膏の副作用は

益々症状を悪化させてしまいます。

 

依存性も高く、ステロイド軟膏

一時的に劇的に回復しても、使い続けることにより肌の免疫力が損なわれ

自力で再生することが不可能になってしまいます。それは本末転倒

ですね。乾燥肌を改善したくてかゆみから開放されたくて、皮膚科に行って

みたのに長い目で見ると処方された薬により、永遠に治ることがなく

かゆみと共存しなくてはならなくなるのです。

 

ここで、なぜ乾燥による

かゆみがあるのかという事を考えたいと思います。この乾燥肌は特に

秋から冬の乾燥した時期に呼応するように増加します。乾燥した季節になると

汗をかかないことで、新陳代謝が鈍くなります。そこで、古い角質が生まれ

かわることなくこべり付き、かゆみを発症すると考えられています。その

かゆみがストレスなどで過剰に感じられ、肌を刺激します。すると体の免疫が

異物感を察知して、攻撃を始めます。悪しき菌を攻撃しているつもりが、自分の

古い皮膚を攻撃しているという悲しい現実。

 

かゆみの連鎖が止まることなく

不快感を募らせてゆくと考えられます。対策として、市販のクリームなどを使用

する方も多いと思います。まずは、保湿するのは大切なことです。しかし、クリームに

界面活性剤が入ってる場合、保湿と同時に角質を破壊してしまいます。かゆみは改善

したように思えて、期間を置いて再び発症するでしょう。ここで一番いいと思われる

ものを紹介します。それは、非常に安価で手に入るものです。誰しも知っていると

思います。「ワセリン」です。ワセリンは副作用もなく、乾燥した肌の保湿力を強力に

高めてくれます。

 

角質を壊しませんから、潤いがワセリンを塗った下に生成されますから

かゆみを起こすことがありません。薄く少量塗ることで、クリームの代用として効力を

発揮します。アトピーにも効果がありますから、是非試して欲しいと思います。私も

ワセリンで乾燥肌によるかゆみから脱却できた一人です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ